診療案内

脳神経内科は、脳や脊髄、神経や筋肉の病気を内科的に診る診療科です。

頭痛やもの忘れ、脳卒中、パーキンソン病、てんかんなど様々な病気を扱います。
原因となる疾患によっては、整形外科や脳神経外科、心療内科など
適切な診療科へご紹介いたします。

このような症状がある方は
ご相談ください。

  • 頭痛
  • もの忘れ
  • 力がうまく入らない
  • 歩きづらい
  • しびれ
  • めまい など

MEDICAL GUIDE

当院で扱う代表的な病名・症状

頭痛

明らかな脳の病気を持たない頭痛(一次性頭痛)と、くも膜下出血や
脳腫瘍などの原因となる病気に伴った頭痛(二次性頭痛)にわかれます。
頭痛について詳しく問診した上で、必要に応じてMRI検査を実施し、 脳に病気がないかを確認します。
片頭痛などの一次性頭痛は、頭痛の頻度や程度を和らげて生活の質を
改善することをめざします。鎮痛剤の乱用は頭痛がひどくなる原因にも
なりますので注意が必要です。
MRIで脳の病気が確認された場合には、その病気の治療が症状改善には
必要であり、治療目的に大きな病院へ適切にご紹介します。

脳卒中

脳の血管が詰まったり(脳梗塞)、破れたり(脳出血、くも膜下出血)
して脳の機能に障害を引き起こす病気の総称です。
急に力が入らなくなったり、しびれたり、うまく話せなくなったりと
いった症状があらわれ、原因は脳梗塞が7割を占めています。
発症後すぐの急性期治療は大きな病院で行われます。
当クリニックでは、高血圧や高脂血症、糖尿病、心房細動や喫煙習慣
といった危険因子の管理を行い、脳卒中の発症予防に努めます。

認知症

原因として、アルツハイマー病が約6割と最も多く、
ついで血管性認知症が約2割、レビー小体型認知症などの
その他の認知症が約2割と報告されています。
同じ質問を繰り返す、食事などの体験そのものを忘れる、
家事の段取りが悪くなるなどの症状は、認知症発症の可能性が
ありますのでご相談ください。診察や血液検査、MRI検査で診断し、
それぞれの病気に対応した治療を行います。
認知症のなかには、ビタミン欠乏やホルモン異常、慢性硬膜下血腫など、
適切な治療をすることで著しい改善が期待できるものもありますので、
注力して診療を行っていきます。

パーキンソン病

パーキンソン病は、主にドーパミンという神経伝達物質を
作っている神経細胞の数が減ることにより、手がふるえたり、
動きがゆっくりになるといった症状が出現します。
脳内で不足しているドーパミンの働きを補う治療を行うことで、
症状緩和が期待できます。
初診の患者さんでパーキンソン病や類似する病気の可能性がある場合、
MRI以外の有用な検査を受診していただくため、市中病院を
ご紹介することがあります。

てんかん

大脳の神経細胞が過剰に興奮することで、
発作が繰り返しおこる病気です。
意識を失い、けいれんを伴う発作以外にも、意識がある発作や
けいれんのない発作など様々な症状があり、発作のタイプによって 薬を選択し、治療を行っていきます。
子どもだけでなく大人も多く発症し、特に高齢者のてんかんは
認知症と誤って診断される場合もあります。
脳波検査につきましては、当院では実施できないため他院へ依頼します。

FIRST

予約優先制です!

web予約

tel:0569-26-5700

〒475-0836 半田市青山5丁目1番5

はんだ脳神経内科クリニック 診療時間表

受診の際は
ご予約ください。

はんだ脳神経内科クリニックでは
予約診療制を取り入れています。
お電話のほかPC・スマートフォンからも
ご予約いただけます。
予約なく直接のご来院でも診察可能ですが
待ち時間が長くなる可能性がございます。
予めご了承ください。

初めて受診される方へ

初診の方はご来院時、診察前に問診票を記入していただきますが、あらかじめご記入のうえ、ご持参いただくと
スムーズにご案内できます。問診票は下記よりダウンロードできますので、印刷してご使用ください。
尚、当院では診療対象を高校生以上とさせていただいております。予めご了承くださいます様お願い申し上げます。

問診票ダウンロード

〒475-0836 半田市青山5丁目1番5

tel:0569-26-5700
ページのTOPへ